今年も盛り上がりました!2017年ブルースセッション!

  • 2017.11.18 Saturday
  • 11:50

久しぶりの更新となりました_φ(^▽^*)♪

 

毎日沢山の生徒様にお越し頂きまして、恐らくこの教室を設立してからの10年で

一番の混雑となっており、教室一丸となって切磋琢磨している毎日です!

 

ご希望のお時間帯が混雑していてお待たせしてしまっている方々には心が痛む毎日ですが、

順次精一杯ご案内をさせて頂いておりますので、申し訳ございませんが、

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

そして、毎年恒例の東京BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館にて開催している、

バンド・アンサンブルを経験する試み、ブルースセッションも大変有意義な一日となりました!

 

 

今年は、去年から1年かけてテーマ曲を練習された方も多く、

また、毎年出場されて顔なじみとなった生徒様同士で盛り上がったりと、

とても楽しいセッションとなりました!

 

皆様のレッスンの成果が存分に実感出来て、とても嬉しかったです(^_^)

 

打ち上げは興奮覚めやらず、なんと26時近くまで盛り上がりました(笑)

お越し頂けた皆様、本当にありがとうございました!!

 

 

今日のレッスン♪

  • 2012.03.18 Sunday
  • 00:00
今日も沢山の方のレッスンをさせて頂きました。

なかなか練習する時間がなかった方や、ビシッと練習出来た方、新たな課題が出来た方、新しい曲にチャレンジした方等等、様々ですが、ホントにギターを楽しんでいただけて嬉しい限りです。

全て紹介しきれないのが残念ですが、よくレッスンにて取り上げる内容の一つに、ロックギターの起源とも言える”ブルース”が有ります。

ブルースと言っても色々な種類が有りますが、簡単に言うと12小節でひと回りのコード進行を、ひたすら繰り返して展開して行くイメージです。コードは3つしか使いません。非常にシンプルです。

色々有りますが、イメージとしてはこんな感じです。

まずはブルースのコード進行を一緒に覚えて、その後、ブルースでよく使われる音階(スケール)を覚えます。覚えると言っても最初は5個の音だけですので簡単です。

ペンタトニックスケールと言う音階で、

ペンタ=5
トニック=主音
スケール=音階

の意味が有ります。この5個しかないシンプルな音階をブルースのコード進行に合わせてランダムに演奏するだけで、基本的にはアドリブになります。

今日は僕がコードを弾いて生徒様にスケールを弾いていただいたり、逆にコードを弾いていただいて、僕がスケールを実際に使ったブルースを弾いてみたり。

2人でジャムセッションをしながら、ブルースの感覚を養って行きます。よくわからなくても、なんとなく形になるので盛り上がりますよ。ギターで音楽を楽しんでいるって感じが非常に良いですよね。

また音階を知ると、好きなアーティストの曲で弾かれているフレーズの仕組みが分かりますし、コピーする時も何となく、その先のフレーズの予測が出来たりします。

ポップスや、ロックが好きな方で基礎が大方出来るようになってきたら、是非ブルースを勉強する、、というよりも遊んでみていただけたらと思います。

非常に奥が深いブルースですが、親しみやすいのもブルース。コピーはだんだん出来るようになってきて、もうひと越え上達したい時のきっかけには是非おすすめですね。


北沢さとる

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM